家庭の教育

【中学受験で「合格する子」と「失敗する子」の習慣】感想・レビュー


(2024/4/13更新)

はじめまして、はるパパです。

さて本日は、
コチラの本をご紹介します。

中学受験で「合格する子」と「失敗する子」の習慣

第1志望に合格するのは、
3人に1人。

中学受験の本を読んでいると、
よく出てくる数字です。

この現実を知らずに、
子どもを受験させるとどうなるか?

第1志望に行けない子が多いのに、
自分はダメだったと絶望してしまう。

ハッキリ言いますが、
中学受験で人生は決まりません。

人生が決まるのは大学受験です。

日本は学歴社会なのが現実。

偏差値の高い大学の学歴が、
その後の就職に大きく左右します。

大企業で高年収を稼ぐには、
高学歴でないと入社できないです。

それでは、
何のために中学受験をするのか?

偏差値の高い大学へ、
進学する確率を上げるためです。

中高一貫校では5年間で、
6年分の勉強を終わらせる学校もある。

最後の1年は、
受験に特化した勉強を行います。

大学進学の観点で有利と考え、
中学受験する人が多いのです。

高学歴を目指す子どもが多いので、
当然学力のレベルも高いです。

中学受験をしたのに、
不本意な結果になることもあります。

せっかく中学受験するなら、
子どもに合格してほしいですよね

では、
どうすれば子どもは合格できるのか?

過去の合格例に学ぶのが、
一番の近道です。

身近に合格者がいれば、
その人から学ぶのがベストです。

でも、
身近にいない人もいますよね。

そんな方にオススメなのが、
コチラの本です。

中学受験で「合格する子」と「失敗する子」の習慣

本書を読んで参考になったのは、
合格できる子の勉強以外の側面。

勉強ができるのは当然として、
姿勢・マインド・生活は参考になります。

勉強方法だけをマネてはダメで、
姿勢・マインド・生活までマネすべき。

ココまでできる子ども、
3人に1人かもしれません。

だから第1志望の合格率、
3人に1人なのかなと感じましたね。

それでは本書の感想・レビュー、
ブログで紹介します。

私の意見も少し交えてます。

皆様の参考になれば幸いです。

第1章:姿勢、マインド 編

第1章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.54

・中学受験で合格する子は垂直に比べ、失敗する子は水平に比べる。

<垂直に比べる>
・自分の過去と現在を比べること

<水平に比べる>
・自分と他人を比べること

中学入試の相手は入試問題であり、
他人ではない。

他人より多く点数を取る必要はなく、
自分が合格点を取れればいい。

垂直比較の考え方、
中学受験に限らないですよね。

たとえば私の子ども、
リレー選抜に選ばれず補欠でした。

悔しそうな感じがよく伝わります。

でも50m走のタイムは、
去年より早くなってるのです。

立派に成長してますし、
足が遅いわけじゃないから気にするな、
と言ってます。

他人との比較で、
悲観的になりすぎないよう、
親が子どもに接すると良いです。

子どものマインドが変わるだけで、
成績はグッと伸びます。

第2章:成績を伸ばす勉強法 編

第2章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.92

・中学受験で合格する子は過去問を惜しまず、失敗する子は過去問を直前までとっておく。

<過去問から得られる情報>
・出題形式は合っているか?
・苦手分野が頻繁に出題されていないか?
・細かい知識と思考力のどちらが求められているか?
・解答用紙はどんな形式化?

このやり方、
ゴールからの逆算思考ですよね。

中学受験のゴールは、
入試で合格点以上を取ること。

ならば過去問を見て傾向を知り、
合格点を取れるように勉強する。

その方が圧倒的に効率よいです。

もし大人が資格試験の勉強するなら、
最初に過去問解きますよね。

傾向と対策を知って、
ピンポイントで勉強するハズ。

大人は時間がないからです。

子どもだって時間に限りあるし、
受験は1校だけではない。

効率よく勉強して、
その分早く寝ましょう。

健康第一。
健康崩したら元も子もないです。

第3章:整理 編

第3章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.126

・中学受験で合格する子は数字で把握し、失敗する子は言葉で把握する。

<合格する子が把握している数字>
・今回の点が前回よりもどのくらい上がったのか、あるいは下がったのか
・平均点と比べるとどのくらい差があるのか
・偏差値はいくつであったか
・志望校の合格基準偏差値とどの程度の距離があるのか

数字で物事を考える。

大人になれば、
だれもが仕事で身につける思考。

でも子どもには、
そんな思考はありません。

数字で物事を考えなくても、
学校生活は送れるからです。

極論を言うと、
中学受験は合格点で決まります。

つまり、
点数という数字で決まります。

数字がすべてと思わないけど、
受験は数字で決まるのが現実。

現実のためと割り切り、
数字で物事を考えればいいですね。

将来仕事で役立つ考え方なので、
子どもが身につけて損はないです。

第4章:生活 編

第4章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.136

・中学受験で合格する子は習い事で気分転換し、失敗する子は習い事をやめる。

<習い事のメリット>
・体を動かすことで、気分転換になる
・習い事を通じて友人とコミュニケーションが取れる
・習い事は「中学受験後」のモチベーションに

著者は3つの理由を挙げて、
習い事のメリットを説明しています。

私も同感ですが、
もう1つ大切な要素があると思ってます。

それは、
中学受験には体力が必要ということ。

これはパパ友に聞いたのですが、
体力がないと勉強が続かないそうです。

サッカー辞めて塾に入ったけど、
体力落ちて勉強も中途半端になったとか。

ウチは体操と水泳やってますが、
どちらも辞める予定ないです。

健康のためにも、
基礎体力はあった方がいいです。

習い事するなら、
スポーツ系がオススメですね。

第5章:本番 編

第5章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.190

・中学受験で合格する子は入試特別もいつもと同じ朝を迎え、失敗する子は特別なことばかりする。

コレは入試本番に、
平常心で臨むための秘訣だそうです。

平常心を保つポイントは、
習慣と自信のようです。

積み上げた経験から、
もたらされる習慣。

これだけやったから、
ダメでも悔いはないという自信。

習慣と自信は、
日々の生活で築きあげるものです。

毎日同じ時間に起き、
毎日同じ時間に寝る。

平常心を保つために、
一定のリズムで生活を心がけましょう。

きっと入試本番で、
プレッシャーに打ち克つでしょう。

第6章:5点アップの勉強術 編

第6章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.216

・中学受験で合格する子は時事ネタを起点に広げ、失敗する子はネタの暗記で終わる。

子どもが時事ネタに興味を持つには、
親子の会話が大切ですね。

たとえばウチの家庭、
朝食と夕飯にニュースを見ます。

自然と時事ネタの話になります。

ニュースを見てると、
子どもはあれこれ質問してきます。

親が答えるうちに、
自然と時事ネタに強くなりますね。

子どもの勉強というより、
家庭環境が大きく左右しますね。

まとめ

各章で参考になると思った箇所、
まとめました。

第1章:姿勢、マインド 編

P.54

・中学受験で合格する子は垂直に比べ、失敗する子は水平に比べる。

<垂直に比べる>
・自分の過去と現在を比べること

<水平に比べる>
・自分と他人を比べること

第2章:成績を伸ばす勉強法 編

P.92

・中学受験で合格する子は過去問を惜しまず、失敗する子は過去問を直前までとっておく。

<過去問から得られる情報>
・出題形式は合っているか?
・苦手分野が頻繁に出題されていないか?
・細かい知識と思考力のどちらが求められているか?
・解答用紙はどんな形式化?

第3章:整理 編

P.126

・中学受験で合格する子は数字で把握し、失敗する子は言葉で把握する。

<合格する子が把握している数字>
・今回の点が前回よりもどのくらい上がったのか、あるいは下がったのか
・平均点と比べるとどのくらい差があるのか
・偏差値はいくつであったか
・志望校の合格基準偏差値とどの程度の距離があるのか

第4章:生活 編

P.136

・中学受験で合格する子は習い事で気分転換し、失敗する子は習い事をやめる。

<習い事のメリット>
・体を動かすことで、気分転換になる
・習い事を通じて友人とコミュニケーションが取れる
・習い事は「中学受験後」のモチベーションに

第5章:本番 編

P.190

・中学受験で合格する子は入試特別もいつもと同じ朝を迎え、失敗する子は特別なことばかりする。

第6章:5点アップの勉強術 編

P.216

・中学受験で合格する子は時事ネタを起点に広げ、失敗する子はネタの暗記で終わる。

まとめ

合格できる子の、
姿勢・マインド・生活、
参考になりましたでしょうか?

姿勢・マインド・生活、
コレがきちんとしていないと、
中学受験に合格できないです。

いくら塾に通い、
受験勉強をしても、
それだけでは合格できない。

子どもの生活態度を見直し、
ぜひ取り組んでみましょう。

各章から1つずつ取り上げましたが、
他にも多数書かれています。

合格できる子どもの特徴、
参考になる箇所は多いです。

中学受験をお考えの方、
今すぐ本書を購入して実践しましょう。

第1志望に合格できるのは3人に1人。
その1人にきっと近
づきます

本書のお値段は1650円、
本書はコチラ(↓)から購入できます。

中学受験で「合格する子」と「失敗する子」の習慣

お問い合わせ|子供へのお金の教育 (children-money-education.com)

この記事を書いたのは・・・

はるパパ

  • 小学4年生のパパ
  • 子どもの教育(世界一厳しいパパ塾?)、ブロガー、投資家
  • 投資の悪いイメージを払拭したい(難しい、怪しい、損する)

こちらの記事もおすすめ!