家庭の教育

【競争心】なぜ一人っ子は競争心がないまま育つと、将来仕事でお金を稼げないのか、知りたいですか?


(2024/1/5更新)

「競争心が感じられず心配」
「競争心なしで将来大丈夫かな?」
「競争心がないのは一人っ子の特徴?」

この記事は競争心がない一人っ子の、
親向けに書いています。

はじめまして、はるパパです。

私の子どもは一人っ子ですが、
あまり競争心がありません。

他にも一人っ子の特徴かな、
と思える性格を書き出しました。

将来きちんと社会に適応し、
仕事でお金を稼げるのか不安です。

一人っ子の性格

①競争心がない

②時間を気にしない

③集団を好まない

このままだと、
将来仕事でお金を稼げないです。

競争に負ければ給料が上がらず。
時間にルーズだと仕事が終わらず。
集団が嫌だと会社で仕事できない。

子どもにこうなってほしくないですよね?

そんな一人っ子に、
私は①~③の教育をしています。

子どもへの教育

①競争心をあおる場を作る

②時間を区切って行動する

③集団生活の時間を増やす

いまから教育していけば、
子どもはできるようになります。

そして将来きちんと社会に適応し、
仕事でお金を稼げるようになります。

子どもへの教育について、
これから詳しくお話しします。

皆様の参考になれば幸いです。

競争心をあおる場を作る

私の子ども、
あまり競争心がないです。

一人っ子のため、
家庭内で競争がないからです。

たとえば運動で友人に負けても、
何も気にしないです。

社会に出れば競争は必ずあり、
負けるとお金をたくさん稼げません。

私は子どもの競争心をあおる場を、
あえて作るようにしています。

たとえば私の子ども、
体操教室と水泳教室に通っています。

体操教室と水泳教室のメリット、
それは級別にわかれるところです。

自分のレベルが、
友達より上か下かすぐわかりますね。

競争心がないと、
競争に負けてしまいます。

競争に負けて、
お金をたくさん稼ぐ人はいません。

お金をたくさん稼ぐ人は、
市場競争に勝っているのです。

負け癖がついたまま大人になったら、
将来競争に勝てないですよね?

子どもは負けず嫌いです。

子どもの心に火をつけましょう。

競争心を身につけたい一人っ子、
体操教室と水泳教室がオススメです。

何も習わなければ、
競争心はなかなか身につかないです。

このまま社会に出たら競争に勝てず、
将来厳しい生活が待っています。

競争心を身につけるなら、
子どものうちにやるべきです。

いますぐ、
体操教室や水泳教室に通いましょう。

入会翌月の月会費、
今なら0円です。

体操教室や水泳教室は、
コチラ(↓)からお申し込みできます。

時間を区切って行動する

私の子ども、
マイペースであまり時間を気にしない。

だれにも邪魔されず、
1人の時間を持てるからです。

たとえば食べるのがとても遅いです。

社会に出ればムダな時間の使い方、
許されるはずがありません。

時間を区切って行動するよう、
私は子どもに教えています。

たとえば平日、
学童から帰宅後のタスクはコチラです。

ダラダラやらず、
時間を区切ってやるように
教えました

帰宅後のタスク

・入浴

・宿題

・家庭学習(宿題と別)

・夕飯

・お手伝い(皿洗い、洗濯物干し)

テキパキとタスクをこなさないと、
遊ぶ時間はなくなります。

宿題と家庭学習、
夕飯前に終わるようになりましたね。

皿洗いは、
もう少し丁寧にやってほしいけど‥

仕事でも同じことが言えます。

複数の仕事、
同時に抱えることありますよね?

テキパキと仕事やらないと、
いつまでたっても終わらないです。

時間を常に意識し、
細かく区切って行動するのが大切です。

集団生活の時間を増やす

私の子ども、
あまり集団を好まないです。

1人で過ごすことを、
苦に感じないからです。

たとえば休日に友人と遊ばず、
家で過ごすことが多いです。

同世代との交流が少なく、
将来会社内での交流も少なそう。

私は子どもを、
学童に通わせています。

集団生活の時間が増え、
自然と慣れるからです。

学童は楽しいようで、
毎日嫌がらずに行ってますね。

将来就職すれば、
自分の好まない人とも仕事します。

遠ざけてしまうと、
仕事は進まず終わらない。

仕事で成果を出せないと、
お金をたくさん稼げないですよね?

無理にとは言いませんが、
集団生活に慣れておくのは大切ですね。

まとめ

一人っ子の性格と子どもへの教育、
まとめました。

まとめ

<一人っ子の性格>
①競争心がない
②時間を気にしない
③集団を好まない

<子どもへの教育>
①競争心をあおる場を作る
②時間を区切って行動する
③集団生活の時間を増やす

一人っ子はとても快適なようです。

でも1人の快適さに慣れすぎると、
将来社会に適応できないです。

うまく社会に適応できないと、
将来お金を稼げなくなってしまいます。

競争心をあおる場を作る

競争心がないと、
競争に負けてしまいます。

競争に負けて、
お金をたくさん稼ぐ人はいません。

お金をたくさん稼ぐ人は、
市場競争に勝っているのです。

負け癖がついたまま大人になったら、
将来競争に勝てないですよね?

子どもは負けず嫌いです。

子どもの心に火をつけましょう。

競争心を身につけたい一人っ子、
体操教室と水泳教室がオススメです。

何も習わなければ、
競争心はなかなか身につかないです。

このまま社会に出たら競争に勝てず、
将来厳しい生活が待っています。

競争心を身につけるなら、
子どものうちにやるべきです。

いますぐ、
体操教室や水泳教室に通いましょう。

入会翌月の月会費、
今なら0円です。

体操教室や水泳教室は、
コチラ(↓)からお申し込みできます。

時間を区切って行動する

時間を区切って行動しないと、
仕事に追われる人生が待っています。

複数の仕事、
同時に抱えることは普通にあります。

テキパキと仕事やらないと、
いつまでたっても終わらないですよね?

時間を常に意識し、
細かく区切って行動するのが大切です。

集団生活の時間を増やす

将来就職すれば、
自分の好まない人とも仕事します。

遠ざけてしまうと、
仕事は進まず終わらない。

仕事で成果を出せず、
お金をたくさん稼げないですよね?

無理にとは言いませんが、
集団生活に慣れておくのは大切です。

私は子どもを、
学童に通わせています。

集団生活の時間が増え、
自然と慣れるからです。

学童は楽しいようで、
毎日嫌がらずに行ってますね。

集団生活の時間を増やす機会を、
親が作ってあげるとよいです。

お問い合わせ|子供へのお金の教育 (children-money-education.com)

この記事を書いたのは・・・

はるパパ

  • 小学3年生のパパ
  • 子どもの教育(世界一厳しいパパ塾?)、ブロガー、投資家
  • 投資の悪いイメージを払拭したい(難しい、怪しい、損する)
こちらの記事もおすすめ!
家庭の教育

【R80(アールエイティー) 自分の考えをパッと80字で論理的に書けるようになるメソッド】感想・レビュー

2024年2月27日
はるパパ@お金の教育blog
はじめまして、はるパパです。 さて本日は、コチラの本をご紹介します。 『R80(アールエイティー) 自分の考えをパッと80字で …