お金の教育

【新消費をつくるα世代 答えありきで考える「メタ認知力」】感想・レビュー


はじめまして、はるパパです。

さて本日は、
コチラの本をご紹介します。

新消費をつくるα世代 答えありきで考える「メタ認知力」

若者の購買行動、
あなたはご興味ありますか?

若者と言ってもさまざまですが、
特にα世代の購買行動です。

α世代とは2010年以降に生まれた世代、
まだ中学生以下の世代です。

若者すぎて興味がない。
購買と言ってもたいしたことない。

こんな風に思うかもしれませんが、
商機を逃してビジネスが頭打ちになる。

まだ中学生以下のα世代、
いずれ若者の中心となります。

高校生→大学生→社会人と成長すると、
購買額も増えていきます。

何より見逃せないのが、
その影響力です。

気になる商品があれば、
SNSに気兼ねなくアップします。

もしバズれば一気に利益が出る。

この商機を見逃すのは、
ビジネス上考えられないですよね。

では、
どうすればいいでしょうか?

α世代の購買行動を学び、
マーケティングを実践すればいい。

でも、
どうやって学べばいいかわからない。

そんな方にオススメなのが、
コチラの本です。

新消費をつくるα世代 答えありきで考える「メタ認知力」

子どもの購買行動、
私の頃と全然違いますね。

昔は皆同じものを欲しがり、
買ってました。

たとえばテレビCMを見て、
発売初日に一斉にゲームを買う。

皆で同じゲームをやり、
学校で話題になったものです。

でも最近の子どもは、
そもそもテレビを見ない。

当然テレビCMも見ないから、
皆が同じものを欲しがらない。

子どもが見るのは動画であり、
AIがオススメしたものを欲しがる。

人によって見る動画は別々、
AIのオススメも別々です。

そのため、
買う商品も個々人で別々になる。

昔のような大ヒット商品、
最近減ってますよね。

でも、
大までいかなくてもヒット商品、
あれこれ出ています。

選択肢があふれる今の時代、
どのようにヒット商品が生まれるのか?

本書を読むと、
α世代の心理や購買行動がよくわかり、
ヒット商品のヒントが見えてきます。

α世代の購買行動にご興味あれば、
ぜひ本書をご覧ください。

本書を読めばα世代の心をつかみ、
ヒット商品を生み利益を得られますね。

それでは本書の感想・レビュー、
ブログで紹介します。

皆様の参考になれば幸いです。

第1章:α世代って何者?

第1章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.34~44

・α世代(2010~2024年生まれ)5つの特性

<5つの特性>
①AIとの親和性が高い
②リアルとバーチャルの境目なく生活する
③世界を描き出すクリエーター
④答えありきで考える
⑤社会問題を解決する成果思考

<具体例>
①AIのお勧め情報を抵抗なく受け入れる
②インターネット上の仮想空間が自分の生活圏の一部
③理想とする世界をまずは仮想空間上に描き、現実の世界に再現する逆の発想
④最短経路で答えを知りたい
⑤みんなにとってより良いこと、社会的に正しいことが正解

α世代へのマーケティング、
親世代とは別次元の発想が必要です。

SNSで何かしら見た後に表示される、
①オススメに何の違和感もない。

②③マイクラに慣れ親しみ、
仮想空間という意識すらない。

④調べずともAIがすぐ答えを出し、
⑤社会的に正しいことが正解。

リアルとかけ離れた世界観ですよね。

①~⑤のキーになるのが、
AIですね。

AIを使うのが当たり前なので、
AIの出す答えをそのまま信じる。

私はAIの答えに懐疑的だけど、
α世代にその感覚はない。

α世代のマーケティングを考える際に、
AIありきで考えないと選ばれない。

AIの代表例と言えばChatGPT、
無料でだれでも使えます。

AIを実感するなら、
まずはChatGPTがオススメです。

必ずしも正確な答えではないけど、
今後精度が上がれば生活必需品となる。

AIがいまより当たり前となる。
いまのスマホが当たり前のように。

ChatGPTは別記事にまとめたので、
ご興味あればぜひご覧ください。

【ChatGPT 120%質問術】感想・レビュー (2024/5/14更新) はじめまして、はるパパです。 さて本日は、コチラの本をご紹介します。 『ChatGPT ...

ちなみに、
αより前の世代の特徴、
P.27にこう書かれています。

自分がどの世代に当たるのか?
次世代とどう違うのか?

ぜひご覧ください。

X世代(1965~1980年代生まれ)

・消費意欲が旺盛
・ブランド品を好む
・競争意識が高い
・他人と違うことを求める
・子どものころはテレビ、成人後にインターネット

Y世代(1981~1996年生まれ)

・デジタルネーティブ
・モノよりコト消費
・ブランド品よりもユニークなもの
・コミュニティーに所属し仲間意識が強い
・コスパ重視
・子どものころからインターネット

Z世代(1997~2009年生まれ)

・SNSネーティブ
・イベント体験に時間とお金を使う
・オンラインで仲間とつながる
・タイパ重視
・生まれた時からインターネット

第2章:データで見るα世代

第2章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.76~81

・α世代の4つの消費クラスター

<4つの消費クラスター>
①27%:テレビ番組好きっ子
②29%:テレビで動画っ子
③12%:ゲーム好きっ子
④31%:将来投資っ子

<消費意識>
①新商品よりも今使っている物を買いたい継続購入意向が強い
②今使っている物よりも新商品を買いたい
③衝動買い傾向がある。毎日の生活を充実させて楽しむことに力を入れたい
④衝動買いをしないようにしている

上記は5400人を対象にした、
著者のインターネット調査の分析です。

テレビを見る子どもでも、
①番組②動画で購入商品の傾向は違う。

③は何となくイメージ通りだけど、
割合は思ったより少ない。

逆に④が一番多く、
昔よりも堅実な子が増えている印象。

マーケティングで考えるなら、
新商品は①テレビCMより②動画広告。

③オンラインゲーム上で、
新商品の広告も有力な選択かもしれない。

④堅実な子どもには、
金融教育関連の広告が効果あるかも。

④テレビ・動画・ゲーム時間は短いけど、
親が教育熱心なので親に訴求が有効かも。

若者向けマーケティングを考えるなら、
P.76~81はとても参考になりますね。

第3章:Z世代とα世代の違い

第3章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.128

・Z世代とα世代の違い

<Z世代>
・貢献志向が強い(社会の役に立ちたい)
・AIには不安があり、ロボティクスで生活が便利になることには懐疑的
・リアルとバーチャル空間を区別している
・ヒューマン思考(ロボットと対話することには違和感があり、顔の見える人からの情報を信頼したい)

<α世代>
・成果思考が強い(しっかりと答えを出したい)
・AIやロボティクスは課題解決のために自分が使いこなせるツールだと認識している
・リアルとバーチャル空間の境目を意識していない
・ヒューマニティー思考(人間味を感じられれば、相手がロボットでも対話できる)

Z世代とα世代でも、
AIに対する感覚は違いますね。

AIはここ数年急速に発達した技術。
Z世代になじみがなく仕方ないかも。

α世代の感覚を見ていると、
リアルの重要性は薄れていくでしょう。

むしろリアルが敬遠されるかも。
人間とのやり取りは何かと煩わしいので。

最近の商品やサービス、
リアルが減りつつありますよね。

たとえば食事の注文。
タブレット形式が増えてます、

人件費削減というお店の要素以外に、
気軽さというお客様の要素もある。

対面の注文だと、
時間がかかるし煩わしさも感じる。

このような発想で、
商品やサービスにAIを組み込まないと、
α世代に選ばれないでしょうね。

第4章:2030年代、消費とマーケティングはどう変わる?

第4章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.199

・SNS時代の新・購買モデル「EIEEB」とは

<EIEEB>
・E:Encounter(思いがけない出会い)
・I:Inspired(世界観に共感し自分ごと化する)
・E:Encourage(購買の不安を解消し自分の背中を押す)
・E:Event(購買はイベント!ときめく買い方で)
・B:Boost up(みんなもやってみて!ときめきを高め合う)

EIEEBが提唱される前、
旧来の購買モデルが主流でした。

旧来の購買モデル

・AIDMA:注意→関心→欲求→記憶→行動
・AISAS:注意→関心→検索→行動→共有

旧来の購買モデル、
注意&関心をいかに引くかがポイント。

企業側が広告を展開し、
顧客の注意&関心を引き購買行動を促す。

広告効果が一番大きいのは、
テレビCMです。

テレビの視聴率が落ちたと言われても、
テレビCMに勝る広告はないです。

テレビCMは広告料が高いため、
大企業が有利となります。

しかし、
α世代の購買モデルは違うそうです。

EIEEBの例、
P.209~214にこう書かれています。

EIEEBの例

・E:Encounter(魅力的に感じる画像をスマホに保存)
・I:Inspired(改めてスマホを見て、自分の世界観に合っているか確認)
・E:Encourage(信頼できる情報源/友人/インフルエンサー/口コミ等を見て、自分の世界観に合っているか確認)
・E:Event(初回はい店で確認して購入。2回目以降はネットで購入)
・B:Boost up(SNSにアップし、だれかの役に立っていると自己有用感を高める)

広告はあまり出てきません。

画像が起点になっているのを見ると、
インスタが流行るのもよくわかる。

画像でときめきを感じさせないと、
その先の購買行動につながらない。

α世代にマーケテイングするなら、
インスタは必須ですね。

第5章:マーケターは”プラスサム”な社会を作るエッセンシャルワーカー

第5章で参考になると思った箇所、
コチラです。

P.279

・2030年代のビジネス機会

<ビジネス機会>
①コミュニティーの居心地の良さをサポートするビジネス
②情報の信用性を担保するビジネス
③熱量をマネタイズするビジネス

<具体例>
①界隈のプラットフォーム提供や運営サポート
②界隈でリーダーシップを持っている企業や、信ぴょう性のある報道を行っているメディア会社
③界隈に集まる人が、応援する対象に資金援助

キーワードは界隈です。

ネット用語で言う界隈とは、
属性や特定のジャンルや業界を指します。

コミュニティーとの違いは、
所属意識の差かなと感じます。

コミュニティーは所属意識が強いけど、
界隈は所属せず周りにいる感じ。

でも興味関心はあるので、
界隈の情報を見て購買行動を起こす。

たとえば、
Xの株クラがわかりやすいです。

投資家の界隈であり、
私も界隈の投資情報を見ています。

怪しい情報から役立つ情報まで、
日々あれこれ飛び交ってます。

株クラでの情報をもとに、
投資したこともありますね。

投資も一種の購買行動ですよね。

界隈を見続けると、
ビジネスチャンスがあるかも。

まとめ

各章で参考になると思った箇所、
まとめました。

第1章:α世代って何者?

P.34~44

・α世代(2010~2024年生まれ)5つの特性

<5つの特性>
①AIとの親和性が高い
②リアルとバーチャルの境目なく生活する
③世界を描き出すクリエーター
④答えありきで考える
⑤社会問題を解決する成果思考

<具体例>
①AIのお勧め情報を抵抗なく受け入れる
②インターネット上の仮想空間が自分の生活圏の一部
③理想とする世界をまずは仮想空間上に描き、現実の世界に再現する逆の発想
④最短経路で答えを知りたい
⑤みんなにとってより良いこと、社会的に正しいことが正解

【ChatGPT 120%質問術】感想・レビュー (2024/5/14更新) はじめまして、はるパパです。 さて本日は、コチラの本をご紹介します。 『ChatGPT ...
X世代(1965~1980年代生まれ)

・消費意欲が旺盛
・ブランド品を好む
・競争意識が高い
・他人と違うことを求める
・子どものころはテレビ、成人後にインターネット

Y世代(1981~1996年生まれ)

・デジタルネーティブ
・モノよりコト消費
・ブランド品よりもユニークなもの
・コミュニティーに所属し仲間意識が強い
・コスパ重視
・子どものころからインターネット

Z世代(1997~2009年生まれ)

・SNSネーティブ
・イベント体験に時間とお金を使う
・オンラインで仲間とつながる
・タイパ重視
・生まれた時からインターネット

第2章:データで見るα世代

P.76~81

・α世代の4つの消費クラスター

<4つの消費クラスター>
①27%:テレビ番組好きっ子
②29%:テレビで動画っ子
③12%:ゲーム好きっ子
④31%:将来投資っ子

<消費意識>
①新商品よりも今使っている物を買いたい継続購入意向が強い
②今使っている物よりも新商品を買いたい
③衝動買い傾向がある。毎日の生活を充実させて楽しむことに力を入れたい
④衝動買いをしないようにしている

第3章:Z世代とα世代の違い

P.128

・Z世代とα世代の違い

<Z世代>
・貢献志向が強い(社会の役に立ちたい)
・AIには不安があり、ロボティクスで生活が便利になることには懐疑的
・リアルとバーチャル空間を区別している
・ヒューマン思考(ロボットと対話することには違和感があり、顔の見える人からの情報を信頼したい)

<α世代>
・成果思考が強い(しっかりと答えを出したい)
・AIやロボティクスは課題解決のために自分が使いこなせるツールだと認識している
・リアルとバーチャル空間の境目を意識していない
・ヒューマニティー思考(人間味を感じられれば、相手がロボットでも対話できる)

第4章:2030年代、消費とマーケティングはどう変わる?

P.199

・SNS時代の新・購買モデル「EIEEB」とは

<EIEEB>
・E:Encounter(思いがけない出会い)
・I:Inspired(世界観に共感し自分ごと化する)
・E:Encourage(購買の不安を解消し自分の背中を押す)
・E:Event(購買はイベント!ときめく買い方で)
・B:Boost up(みんなもやってみて!ときめきを高め合う)

旧来の購買モデル

・AIDMA:注意→関心→欲求→記憶→行動
・AISAS:注意→関心→検索→行動→共有

EIEEBの例

・E:Encounter(魅力的に感じる画像をスマホに保存)
・I:Inspired(改めてスマホを見て、自分の世界観に合っているか確認)
・E:Encourage(信頼できる情報源/友人/インフルエンサー/口コミ等を見て、自分の世界観に合っているか確認)
・E:Event(初回はい店で確認して購入。2回目以降はネットで購入)
・B:Boost up(SNSにアップし、だれかの役に立っていると自己有用感を高める)

第5章:マーケターは”プラスサム”な社会を作るエッセンシャルワーカー

P.279

・2030年代のビジネス機会

<ビジネス機会>
①コミュニティーの居心地の良さをサポートするビジネス
②情報の信用性を担保するビジネス
③熱量をマネタイズするビジネス

<具体例>
①界隈のプラットフォーム提供や運営サポート
②界隈でリーダーシップを持っている企業や、信ぴょう性のある報道を行っているメディア会社
③界隈に集まる人が、応援する対象に資金援助

まとめ

2010年以降に生まれたα世代、
一言で言うとAI世代ですね。

AIが当たり前すぎて、
存在すら意識しない感じ。

AIは身近な存在。
リアルとバーチャルの区別もない。

リアル重視の価値観、
α世代に通用するわけがない。

α世代に商売するなら、
自分の価値観を変えないといけない。

α世代の購買行動、
従来の発想とまるで異なります。

広告で注意/関心を引き、
購買行動を促すのが従来の考え方。

しかし、
α世代は自分の世界観と合わないと、
購買の候補にすら選ばれない。

広告ありきのマーケティングでは、
もう通用しなくなる。

α世代について、
今回ご紹介したのはほんの一部です。

α世代の特徴や購買行動、
他にも数多く書かれています。

α世代を知れば知るほど、
従来のマーケティングが通用しない、
と実感できます。

消費者のアップデートに合わせて、
マーケターのアップデートも必要。

本書を読めば、
α世代のマーケティング理論を学べます、

その理論をビジネスに生かし、
商売していかないといずれ行き詰まる。

α世代がビジネスのターゲットならば、
いますぐ本書でその理論を学びましょう。

まだそこまで知られていない最新理論。
いまなら先行者利益を獲得できますね。

ライバルが参入する前に、
ビジネスでα世代を取り込みましょう。

本書のお値段は1,980円、
本書はコチラ(↓)から購入できます。

新消費をつくるα世代 答えありきで考える「メタ認知力」

お問い合わせ|子供へのお金の教育 (children-money-education.com)

この記事を書いたのは・・・

はるパパ

  • 小学4年生のパパ
  • 子どもの教育(世界一厳しいパパ塾?)、ブロガー、投資家
  • 投資の悪いイメージを払拭したい(難しい、怪しい、損する)
こちらの記事もおすすめ!
お金の教育

【住宅購入で成功する人、大失敗する人 元大手不動産トップ営業マンの「不動産芸人」だけが知っている】感想・レビュー

2023年6月5日
はるパパ@お金の教育blog
(2024/1/6更新) はじめまして、はるパパです。 さて本日は、コチラの本をご紹介します。 『住宅購入で成功する人、 …
お金の教育

【未来がヤバい日本でお金を稼ぐとっておきの方法 お金と働き方の常識をアップデートせよ】感想・レビュー

2023年5月5日
はるパパ@お金の教育blog
(2024/5/2更新) はじめまして、はるパパです。 さて本日は、コチラの本をご紹介します。 『未来がヤバい日本でお金 …