お金の教育

【投資】地政学のおすすめ本3選!地政学の知識を投資に活かす方法、知りたいですか?


(2023/10/11更新)

「地政学の本を探したい」
「どの本がオススメなのかわからない」

この記事は地政学のおすすめ本を、
探す方向けに書いています。

はじめまして
私は小2の子どもの父親”はるパパ”です。

「地政学 本 おすすめ」で検索すると、
おすすめ〇選の記事が表示されます。

でも〇選の数が多すぎると、
どれを選べばよいのか迷いませんか?

結局何も選ばず本を読まず、
地政学の知識は身につかないのです。

せめて3選くらいに絞られていれば、
地政学の本を探しやすいですよね。

そこで私が読んだ中で、
オススメの本を3冊紹介いたします。

私がオススメする3冊は、
いずれも投資に活かせる本です。

地政学の知識は、
海外投資に活かせます。

地政学の知識、
海外投資に応用した方がおトクです。

地政学の本を読むと、
どのような知識を得られるのか?

地政学の知識が、
海外投資にどう活かせるのか?

これからお話しします。

皆様の参考になれば幸いです。

①新 地政学

最初にご紹介したいのは、
『新 地政学』

本書はコチラの方にオススメです。

オススメ対象

・子どもに地政学を学ばせたい

・世界地図を見ながら地政学を学びたい

・地政学の知識を海外投資に活かしたい

もくじはコチラです。

もくじ

第1章:地政学を知る基礎知識

第2章:地政学から学ぶ近現代史

第3章:日本を取り巻く状況

第4章:中国の派遣と東アジア

第5章:「シーパワー大国」アメリカ

第6章:対立続くヨーロッパとロシア

第7章:思惑が絡む中東情勢

第8章:エリア別に見る地政学

本書は、
見開き2ページに1テーマの構成です。

左側ページに地図、
右側ページに説明が書かれています。

地図がカラフルで見やすく、
子ども向きの本ですね。

地図がなく文字だけだと、
子どもは頭に入らないですよね。

右側ページの説明、
内容がとてもわかりやすいです。

内容が1テーマに絞られているので、
説明はグッと凝縮されています。

子どもが読んでも、
地政学をカンタンに学べますね。

あまり長すぎても、
子どもは頭に入らないですよね。

海外投資に活かせる知識、
第5章アメリカが参考になります。

アメリカは海に囲まれ、
敵国と国境を接していない。

地政学の問題に悩むことなく、
自国経済の投資に集中できる。

経済にお金を集中投資できれば、
経済成長しやすいです
ね。

2022/8/3、
米下院議長の台湾訪問で、
米中対立が激化しそうです。

米中対立で、
世界経済が混乱するかもしれない。

軍事衝突が起きそうになると、
慌てて米国株を売る人がいます。

このような投資家は、
損失を出してしまいます。

地政学の知識があれば、
米国株を売らなくてすみます。

地政学の問題に悩むことなく、
自国経済の投資に集中できる。

地政学の観点で、
米国より有利な国はないです。

地政学の知識を活かして、
米国投資で儲けたいですよね?

子どもは世界地図を覚えて、
地政学の知識を学
びたい

大人は地政学の知識を知り、
米国投資で儲けたい。

このように親が考えて購入し、
親子で地政学を勉強しています。

地政学を学んだ大人は、
米国株投資でお金を増やしています。

地政学を知らず、
米国株投資をしなかったり、
米国株を慌てて売ったりすると…

実は大きな損をしているのです。

まだ地政学を学んでいない大人は、
いますぐ勉強して投資に活かしましょう。

お値段は1,760円、
米国株投資で簡単に元が取れます。

本書はコチラ(↓)から購入できます。

②13歳からの地政学

次にご紹介したいのは、
『13歳からの地政学』

本書は以コチラの方にオススメです。

オススメ対象

・地政学を講義形式で学びたい

・地政学の知識を投資に活かしたい

もくじはコチラです。

もくじ

プロローグ:カイゾクとの遭遇

1日目:物も情報も海を通る

2日目:日本のそばにひそむ海底核ミサイル

3日目:大きい国の苦しい事情

4日目:国はどう生き延び、消えていくのか

5日目:絶対に豊かにならない国々

6日目:地形で決まる運不運

7日目:宇宙からみた地球儀

エピローグ:カイゾクとの地球儀航海

カイゾクと呼ばれる男性が、
地政学を中高生に語りかける形式です。

固い文章が少し苦手な方は、
本書がオススメです。

話し言葉なので、
小説を読むように地政学を学べます。

海賊の話って、
ワンピースみたいで面白そうですよね。

海外投資に活かせる知識、
5日目が参考になりますね。

絶対に豊かにならない国々、
それはアフリカのことです。

民族や部族を無視した国境線、
コレが原因で争いが絶えない。

内戦ばかりやっていたら、
経済的に豊かになるはずがない。

本書で地政学を学ぶと、
新興国投資のリスクがよくわかります。

リターンの高さに惹かれて、
新興国投資をする人がいます。

でも地政学を学ぶと、
新興国投資のリスク、
想像以上に高いと気づくでしょう。

絶体豊かにならない国へ、
多額の投資をするのは本当にキケン!

地政学を学べば、
新興国投資を適切に管理できます。

リスクの高い投資なので、
最悪ゼロになってもいい額を投資する。

コレが新興国投資の鉄則です。

新興国投資で損したくないですよね?

子どもは小説感覚で読み、
地政学を学
びたい

大人は地政学の知識を知り、
新興国投資のリスクを学ぶたい。

このように親が考えて購入し、
親子で地政学を勉強しています。

地政学を学んだ大人は、
新興国に多額のお金は投資しません。

地政学を知らず、
新興国に多額のお金を投資すると…

大きな損失を出してしまうのです。

まだ地政学を学んでいない大人は、
いますぐ勉強して投資に活かしましょう。

お値段は1,650円、
親子で学べるのでコスパが良いです。

本書はコチラ(↓)から購入できます。

③世界史で学べ!地政学

最後にご紹介したいのは、
『世界史で学べ!地政学』

本書は以下の方にオススメです。

オススメ対象

・地政学と一緒に歴史学も学びたい

・地政学の知識を投資に活かしたい

もくじはコチラです。

もくじ

第1章:アメリカ帝国の衰退は不可避なのか?

第2章:台頭する中国はなぜ「悪魔」に変貌したのか?

第3章:朝鮮半島-バランサーか、コウモリか?

第4章:東南アジアの合従連衡

第5章:インドの台頭は世界をどう変えるのか?

第6章:ロシアー最強のランドパワーを持つ三つの顔

第7章:拡大しすぎたヨーロッパ‐統合でよみがえる悪夢

第8章:永遠の火薬庫中東①サイクス・ピコ協定にはじまる紛争

第9章:永遠の火薬庫中東②トルコ、イラン、イスラエル

第10章:収奪された母なる大地アフリカ

世界を9つのブロックにわけ、
地政学+歴史学の観点で紹介しています。

地政学とは、
地理学と政治学を融合した学問です。

地理学/政治学に加えて、
本書は歴史学も学べます。

とても奥の深い内容になってます。

海外投資に活かせる知識、
第2章中国が参考になりますね。

中国の太平洋進出には、
日米同盟や日米豪印クアッドが障壁。

中国は一定の軍事投資が必要なので、
経済に集中投資できない。

本書で地政学を学ぶと、
中国投資のリスクがよくわかります。

2022/8/3、
米下院議長の台湾訪問で、
米中対立が激化しました。

中国が台湾に固執するのは、
太平洋進出を視野に入れているから。

米国は太平洋の覇権を渡したくないので、
軍事衝突の可能性がある。

中国からマネー逃避が予想される中、
中国投資
したら損すると思いませんか?

地政学だけでなく、
歴史学も一緒に学べる。

地政学の知識を知り、
中国投資のリスクを学べる。

このように考えて購入し、
地政学を勉強しています。

地政学を学んだ大人は、
中国に多額のお金を投資しません。

地政学を知らず、
中国国に多額のお金を投資すると…

大きな損失を出してしまうのです。

まだ地政学を学んでいない大人は、
いますぐ勉強して投資に活かしましょう。

お値段は902円、
1,000円未満なので相当コスパ良いです。

本書はコチラ(↓)から購入できます。

まとめ

地政学の本、
オススメはこちらの3冊です。

地政学の本おすすめ3選

①新 地政学

②13歳からの地政学 カイゾクとの地球儀航海

③世界史で学べ!地政学

①新 地政学

子どもは世界地図を覚えて、
地政学の知識を学
びたい

大人は地政学の知識を知り、
米国投資の優位性を学びたい。

このように親が考えて購入し、
親子で地政学を勉強しています。

地政学を学んだ大人は、
米国株投資でお金を増やしています。

地政学を知らず、
米国株投資をしなかったり、
米国株を慌てて売ったりすると…

実は大きな損をしているのです。

まだ地政学を学んでいない大人は、
いますぐ勉強して投資に活かしましょう。

お値段は1,760円、
米国株投資で簡単に元が取れます。

本書はコチラ(↓)から購入できます。

②13歳からの地政学 カイゾクとの地球儀航海

子どもは話し言葉の小説を読み、
地政学を学
びたい

大人は地政学の知識を知り、
新興国投資のリスクを学ぶたい。

このように親が考えて購入し、
親子で地政学を勉強しています。

地政学を学んだ大人は、
新興国に多額のお金は投資しません。

地政学を知らず、
新興国に多額のお金を投資すると…

大きな損失を出してしまうのです。

まだ地政学を学んでいない大人は、
いますぐ勉強して投資に活かしましょう。

お値段は1,650円、
親子で学べるのでコスパが良いです。

本書はコチラ(↓)から購入できます。

③世界史で学べ!地政学

地政学だけでなく、
歴史学も一緒に学べる。

地政学の知識を知り、
中国投資のリスクを学べる。

このように考えて購入し、
地政学を勉強しています。

地政学を学んだ大人は、
中国に多額のお金は投資しません。

地政学を知らず、
中国国に多額のお金を投資すると…

大きな損失を出してしまうのです。

まだ地政学を学んでいない大人は、
いますぐ勉強して投資に活かしましょう。

お値段は902円、
1,000円未満なので相当コスパ良いです。

本書はコチラ(↓)から購入できます。

お問い合わせ|子供へのお金の教育 (children-money-education.com)

この記事を書いたのは・・・

はるパパ

  • 小学3年生のパパ
  • 子どもの教育(世界一厳しいパパ塾?)、ブロガー、投資家
  • 投資の悪いイメージを払拭したい(難しい、怪しい、損する)
こちらの記事もおすすめ!
お金の教育

【デメリットあり】『日本のシン富裕層 なぜ彼らは一代で巨万の富を築けたのか』(感想・レビュー)

2022年12月30日
はるパパ@お金の教育blog
はじめまして、はるパパです。 さて本日は、コチラの本をご紹介します。 『日本のシン富裕層 なぜ彼らは一代で巨万の富を築けたのか …
お金の教育

【不動産】中古マンション>>>>>新築マンションくらい圧倒的にお得!それぞれメリット&デメリットあるけど、お金を考えたら中古マンション1択!

2022年8月31日
はるパパ@お金の教育blog
(2022/9/25更新) 「中古のメリット・デメリットは何?」「新築のメリット・デメリットは何?」「中古と新築、どちらがお …